美味しい!腎臓病食ライフ

美味しい腎臓病食情報をお届けします

管理人プロフィール

腎臓病でも食べられる間食(おやつ)

おやつ

僕ら腎臓病患者はたんぱく制限を始めると、
最近痩せてきてしまった、
食事制限でのためお腹がすきますね。
僕ら腎臓病患者もお勧めの間食(おやつ)をご紹介します。

市販のお菓子でも

腎臓病の治療用特殊食品として
たんぱく質調整や塩分制限をしている
腎臓病の方向けのお菓子なども販売されていますが、
やはり栄養価を調整している分少々割高ですよね。

実は市販のお菓子でも選び方に気をつければ十分対応が可能です。
腎臓病の方でも食べられる市販で購入できるおやつを紹介します。

腎臓病の間食の選び方のポイント

【 腎臓病の間食の選び方のポイント】

それではまず、どういったポイントに気をつけて選べば良いのか紹介します。

・卵や乳などたんぱく質を使っていないもの

・原料がでんぷんや砂糖のもの

・果物が入っていないもの(果物缶はOK)

・栄養成分表示を見て1回量たんぱく質1g以下が目安になります。

腎臓病患者にお勧めのおやつ

腎臓病患者にお勧めのおやつ

【おせんべい】

揚げせんべい、焼きせんべい、ぬれせんべいなど色々と種類がありますが、
基本的にはお米から作られているでたんぱく質は少ないです。
エネルギーアップをしたい方は揚げせんべいを選ぶと良いでしょう。
ただし、塩分が少々多いのでで、
食事で塩分が多いものを摂ってしまった際に調整しましょう。

<一般的なせんべいの栄養価>

エネルギー(kcal) せんべい1枚(22.1g) タンパク質(g) 食塩相当量(g)
42 kcal 0.9 0.39

【わらび餅・くず餅】

わらび餅やくず餅の原材料は
一般的にはさつまいもでん粉・くず粉などのでんぷんになりますね。
そのために100g当たりのたんぱく質は0.1gであり、
タンパク質が少ないお菓子です。
しかし、きな粉にはカリウムが多く含まれるため、
かけ過ぎに注意して食べましょう。

<一般的なわらび餅の栄養価>

エネルギー(kcal) わらび餅1個(16g) タンパク質(g) 食塩相当量(g)
27 0.7

【寒天ゼリー】

寒天はその殆どが「食物繊維」です。
そのため、たんぱく質は殆ど含んでいません。
ただし牛乳寒天などは要注意になります。
そのため市販のものは、寒天を作ってフルーツ缶を添えれば、
ボリューム満点でカリウムも抑えられます。

<寒天ゼリーの栄養価>

エネルギー(kcal) タンパク質(g) 食塩相当量(g)
00 0.1

【飴(あめ)】

飴は砂糖のかたまりなので、たんぱく質ゼロです。
そのため僕ら腎臓病患者の
痩せないためのカロリーアップにもなります。

<飴の栄養価>

エネルギー(kcal) パイン飴1粒(4.8g) たんぱく質(g) 食塩相当量(g)
18.7 0 0.001

【水ようかん】

【水ようかん】は1食分で若干1gを超えているものが多いですが、
たんぱく質は少ない方のお菓子といえます。
あずきが豆なので、カリウムが気になるが、
【水ようかんは】
あんこを水で薄めているので商品にもよりますが、気にするほどの量でないです。

<一般的な水ようかんの栄養価>

エネルギー(kcal) 水ようかん1個(50g) タンパク質(g) 食塩相当量(g)
37 1.7

【ういろう】

ようかんと似た和菓子で、1食若干1gを超えているものが多いですが、
「ういろう」もお勧めです
米粉などに砂糖や湯水を練混ぜて蒸した和菓子であるため、
タンパク質が少ないお菓子なります。
なるべく、あずきや栗が入っていないシンプルなものを選びましょう。

<ういろうの栄養価>

エネルギー(kcal) 青柳ういろう しろ1個(50g) タンパク質(g) 食塩相当量(g)
88.5 0.75 0.015

まとめ、 何で作られているのか

さて,さてこのようにみると、
糖質主体の間食が多くなりますね。

何で作られているのかに着目することと、
こまめに栄養成分表示を確認することで
僕ら腎臓病患者でも少し食べられる食品が多くなりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました