美味しい!腎臓病食ライフ

美味しい腎臓病食情報をお届けします

管理人プロフィール

簡単なエネルギーアップの方法|【主食編】【おかず編】

料理レシピ

「腎臓病食研究家」で
『野菜スペシャリスト』のとしおです。
昨日に引き続き本日は
簡単なエネルギーアップの方法として
【主食編】【おかず編】として詳しくお話しします。

【主食編】

簡単なエネルギーアップの方法!
【まずは主食編】

《パンやトーストにマーガリン、バターを塗る》

朝食のトーストに
マーガリン、バターを塗って
食べるとエネルギーアップになります。
マーガリンの代わりにジャムでも良いでしょう。
ポーションタイプ(使い切りサイズ)のジャム15g
(小さじ2杯程度)を塗ると約30kcalのエネルギーアップになります。

<ごはんを、チャーハンやピラフにする>

チャーハンやピラフを食べるときは、
塩分に注意しながら、
他のおかずは塩分の少ないものにしましょう。

《うどんは天かす入りうどん》
《パンはクロワッサンにしてみてください。》

うどんやそうめんなどの麺類に油をかけたり、
天かすをのせたりして食べたりして
また、食パンをクロワッサンにするとカロリーアップしますね。
ぜひ試してみてください。

【おかず編】

【おかず編】

<お浸しを炒め物にする>
ホウレンソウのお浸しをほうれん草の炒め物に変更

《和え物にはマヨネーズを使う》

酢の物を、マヨネーズを使ったサラダにしたり
ノンオイルドレッシングをオイル入りドレッシングに、
カロリーを抑えたマヨネーズを通常のマヨネーズにすると良いですね
オイル入りドレッシングには油が使用され、
通常のマヨネーズは低カロリーのものよりも油が使われているため、
僕ら腎臓病患者でも効率よくエネルギーアップできます。
例えばですが、
通常のマヨネーズ大さじ1杯(約14g)程度を使うと約100kcalアップします。

《冷ややっこを、厚揚げ(生揚げ)にする》
〈さらに油を使って焼く>
冷ややっこを厚揚げに変更しえて
さらに油を使って焼くと簡単にエネルギーアップを図れます!

《しゃぶしゃぶを、唐揚げやトンカツにする》

唐揚げなどはたんぱく質を気にしながら
油っぽくて食べづらい…という方には
お酢、みょうがで食べましょうね。

酸味や香りをプラスすると食べやすくなる場合もあります。
お好みの食材や味付けは積極的に取り入れて、
食べやすくなるように工夫してみましょう。

バジルや大葉、しょうがやみょうがなどの
香りのあるものをプラスするのもいいです。

大前提ですが、
主治医から脂質制限の指示を受けている人は、
油を使う前に医師や看護師、管理栄養士にご相談くださいね。

僕ら腎臓病患者にとって
普段の食事での
エネルギーアップは大変に重要なことです。
厳しい食事制限のために
痩せないように食べ方を色々工夫しながら
生活していきましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました